私たちの活動

 

私たちは裁判によって産廃焼却施設の建設阻止活動を行っています

阿南澄男市議によって持ち込まれた産業廃棄物焼却施設誘致は一部の関係者によって秘密裡に進められ、2017年12月5日におこなわれた建設用地(池新田財産区区有地)の賃貸借契約締結後に一般住民の知るところとなり、大問題となりました。市街地に近くダイオキシン等による環境や健康への影響、建設予定地の津波浸水地域にあたることによる危険性、ごみの町というイメージや浜岡砂丘の一画に位置することによる観光への影響など住民にとって切実な問題であり、一部の関係者の利益のために砂丘開墾の象徴ともいえる場所にこのような施設を作らせはなりません。この問題が広く知られるようになるにつれ反対の声も強まり、2019年12月には住民投票が行われ90.2%が建設に反対し、住民の意思は明白となり、市長は住民投票の結果を尊重し産廃計画の撤回を求めていくと表明をしました。そもそもこの問題の一因は市長が軽率に賃貸契約の押印をしたことにあり、責任上これで早急な解決が図られてゆくものと思っておりましたが、未だに進展が見られません。発端からすでに2年半、住民投票の結果は何だったのか、市長の言葉はもう信用できません。私たちは市長の判断を促すべく裁判において不正な手続きによって誘致が進められたことを証明し、産廃の撤退を推し進めるよう活動していまいります。(御前崎市池新田大型産廃施設本格稼働阻止訴訟)

 

裁判費用寄付のお願い

再生のきかない自然を守るために

御前崎市や産廃業者と違い私達には十分な資金がありません。長期にわたる裁判の費用を賄いたく、皆様のご協力をお願いいたします。


静岡銀行御前崎中央支店


普通預金 1225238  

御前崎の海と砂丘を守る会

代表 長島 孝

ビーチクリーンアップ