CIMG1864.JPG

​産廃から浜岡砂丘を守ろう

浜岡砂丘の一画に日本最大級の産廃焼却施設がつくられようとしています

江戸時代から風と砂と戦い築かれてきた浜岡大砂丘が日本最大級の産業廃棄物処理場の建設計画によって危機に瀕しています。白砂青松とうたわれ、釣りやサーフィンでにぎわい、アカウミガメの産卵地など環境面からも重要な場所です。地元住民にとって聖地とも呼べる場所であり、皆様のお力を借りて守っていければと現状をお知らせします。

 
 

私たちの活動

 

私たちは裁判によって産廃焼却施設の建設阻止活動を行っています

阿南澄男市議によって持ち込まれた産業廃棄物焼却施設誘致は一部の関係者によって秘密裡に進められ、2017年12月5日におこなわれた建設用地(池新田財産区区有地)の賃貸借契約締結後に一般住民の知るところとなり、大問題となりました。市街地に近くダイオキシン等による環境や健康への影響、建設予定地の津波浸水地域にあたることによる危険性、ごみの町というイメージや浜岡砂丘の一画に位置することによる観光への影響など住民にとって切実な問題であり、一部の関係者の利益のために砂丘開墾の象徴ともいえる場所にこのような施設を作らせはなりません。この問題が広く知られるようになるにつれ反対の声も強まり、2019年12月には住民投票が行われ90.2%が建設に反対し、住民の意思は明白となり、市長は住民投票の結果を尊重し産廃計画の撤回を求めていくと表明をしました。そもそもこの問題の一因は市長が軽率に賃貸契約の押印をしたことにあり、責任上これで早急な解決が図られてゆくものと思っておりましたが、未だに進展が見られません。発端からすでに2年半、住民投票の結果は何だったのか、市長の言葉はもう信用できません。私たちは市長の判断を促すべく裁判において不正な手続きによって誘致が進められたことを証明し、産廃の撤退を推し進めるよう活動していまいります。(御前崎市池新田大型産廃施設本格稼働阻止訴訟)

 

裁判費用寄付のお願い

再生のきかない自然を守るために

御前崎市や産廃業者と違い私達には十分な資金がありません。長期にわたる裁判の費用を賄いたく、皆様のご協力をお願いいたします。


静岡銀行御前崎中央支店


普通預金 1225238  

御前崎の海と砂丘を守る会

代表 長島 孝

ビーチクリーンアップ
 

浜岡大砂丘   今昔

​下の地図は明治21年(1888年)頃の砂丘です

浜岡大砂丘(池新田砂丘)は天竜川から御前崎に連なる南遠大砂丘の東端に位置し、開墾が始まった江戸初期には東西約3キロ、南北約3キロに広がっていたようです。海から離れた北部から開墾は始まり、明治21年ころまでには海岸より1キロほどにまで達し、陸軍の大砲の試射場をへて戦後には海岸にまで至りました。開墾は砂と風との戦いで、ソダという1メートル強の長さの枝で柵を作り、砂丘が移動しないようにして農地を作っていったそうです。海岸までには農地の間に幾重にも砂丘が連なり、それらには松が植えられ、落ち葉は住民にとって大事な燃料でした。高度成長期に至って鋳物の砂などの需要で砂丘は少なくなり、日本最大級の砂丘のイメージはなくなってしまいましたが、浜岡砂丘公園周辺に面影が残されています。

 
スタンフォード地図 池新田 sr504yp5720_00_0001-1.jpg
 
CIMG1580.JPG

5月の海 シラスの季節です

CIMG1594.JPG

​ハマエンドウ 4-5月に砂丘を彩ります

thumb.jpg

​アカウミガメの産卵

8fc147696796d8e3c8262b6e45d1fb21.webp

​サーフィンの大会もよく行われています

 

砂丘の恵み

砂丘の松林には三~四月ごろと十月ごろ松露(俗名ホド、最近は幻のキノコ)がでます。

米ショウロと麦ショウロがあり、米ショウロは未熟で内部がまだ純白色なものを指し、こちらのほうがおいしいです。

吸い物の実・塩焼き・茶碗蒸で食べます。

ハタミはきれいな砂浜で獲れるハマグリに似た貝で澄まし汁は絶品です。

​幻のキノコ 松露

​日本のトリュフ? 海に近い松林の松の露が落ちるような場所に出ます

​芋切干

​最近は種類も多く美味しいです。砂地の芋ほりは汚れることも少ないです。

 




 

​ご質問・ご連絡